インカレ/インカレショート   インカレ/インカレロング/第1-10回 インカレ/インカレロング/第11-20回 インカレ/第1-10回   インカレ/第11-20回   インカレ/第21-30回   インカレ/第31-40回  インカレ/第41-50回

全日本スプリント学生の部

世界選手権(WOC)・ジュニア世界選手権(JWOC)での結果から、日本が世界に対抗できる可能性が一番高いのはスプリントであるという考えが起こり、2008年、全日本スプリントオリエンテーリング選手権大会が開かれるようになった。それに併設する形で、学生の部が開催された。

第1回 2008年11月02日 千葉県南房総市富浦町 「大房岬」

http://www.keiyo-ol-club.com/eventum/29th/

男子女子
1崎田孝文名古屋4柴田彩名椙山女学園2
2小見山斉彰千葉4高野美春十文字学園女子2
3小林知彦名古屋4山本紗穏里筑波2
4勝田弘東北4新井宏美新潟2
5谷川友太名古屋3疋田はるか椙山女学園4
6小林遼東京2鈴木聡子東北3
・決勝出場者(成績順・括弧内当時学年)
男子1名
下嶋健太(3)
女子1名
白形由貴(4)、常住紗織(3)、山本紗穏里(2)

第1回のインカレスプリントは、試行大会として、京葉オリエンテーリングクラブ南房総大会の2日目、全日本スプリントと併催で行われた。コースは全日本スプリントのエリートと同じものであり、全日本スプリントと同じく予選決勝方式であった。これらは、早いうちから日本のトップと競い合うことによって、将来世界と戦える人材を育てることを目指してのことだったらしい。テレインは、大房岬自然公園の一部であり、砂浜や露岩などがある海岸部を通過したり、砲台跡にコントロールが置かれたりしたことが特徴的だった。
 愛好会員にとってインカレミドルやロングとは重要度が異なるという意識があったのか、行きたい人が行こうということになり、筑波からは下嶋、白形、常住、山本が参加した。決勝進出のボーダーが、男子は39名中15名、女子に至っては23名中20名であったため、4者とも決勝に進出。決勝は、全日本スプリントの選手権クラスで予選を走りボーダーよりタイムが速かった学生も含めて順位が決められ、山本が女子の3位に入賞した。
男子:下嶋14位  女子:山本3位、白形7位、常住15位

第2回 2009年10月31日 新潟県長岡市 「国営越後丘陵公園」

http://genesysmap.co.jp/sprint/alljapan_sp2009.htm

男子女子
1山上大智東京柴田彩名椙山女学園
2立川悠平新潟太田夏美千葉
3小林遼東京水野日香里椙山女学園
4田中裕也東京山本紗穏里筑波
5林真一名古屋鈴木聡子東北
6新城大樹東京工業林美樹十文字学園女子
・決勝出場者(成績順・括弧内当時学年)
男子1名
神谷 泰介(4)
女子2名
常住 紗織(4)、山本 紗穏里(3)

第2回の全日本スプリントは、全日本リレーとセットの2日間大会として開催され、インカレスプリントは学生の部という位置づけで開かれた。主催者は、翌日の全日本リレーを主催する新潟県オリエンテーリング協会と、山川氏率いるジェネシスマッピング、学生の部は日本学連。 第1回と同様、全日本選手権クラスと同コース・予選決勝方式だが、B決勝が設けられたり、A決勝進出者の隔離が行われたり、第1回よりインカレに近い形で行われた。
今回も、行きたい者が行くという意識から、翌日の全日本リレーに参加する予定であった、石松、神谷、常住、山本が参加した。決勝進出のボーダーは、全日本のE権を持つ者を除いて、男子が2ヒートから各15名の30名、女子は同様各10名で20名。男子は、神谷がヒートのトップで決勝に進出。女子は、参加者が19名とボーダーの人数より少なかったため予選出走者全員が決勝に進んだ。決勝では、1ポが置いてある建物の立体構造の地図表記に苦戦者が続出。その中で、山本が4位入賞した。
男子:神谷A決勝17位 石松B決勝17位 女子:常住17位

第3回 2010年12月12日 茨城県ひたちなか市 「ひたち海浜公園」

男子女子
1立川悠平新潟水野日香里椙山女学園
2山上大智東京高野美春十文字学園女子
3堀田遼東京水野綾子東北
4三谷洋介東京小泉佳織津田塾
5新城大樹東京工業小玉千晴椙山女学園
6小林遼東京太田夏美千葉
・決勝出場者(成績順・括弧内当時学年)
男子0名
女子0名

前日大会としてときわ走林会、茨城大学OLDと合同で偕楽園で大会を開いた。参加者には偕楽園でオリエンテーリングができるということで好評であった。しかし、全日本スプリント大会にはM20Aの1年生3名のみの参加で、選手権クラスに出場した者はいなかった。茨城県内での開催であったが主要学年が抜け全体の人数自体が少なくなっていることもあり少数の参加となった。結果は木間(地球1)が2位となり存在感を見せつけた。なお、この大会にはオフで帰国していたメジャーリーガーの井川慶選手(当時)も参加され話題を呼んだ。

インカレスプリント

2013年度、2014年度の試行大会を経て、2015年度にインカレロングの前日に正式なインカレスプリントが開催された。

第1回 2015年10月03日 長野県富士見町 「富士見高原リゾート」

http://www.orienteering.com/~icl2015/

男子女子
1稲森剛横浜国立1五味あずさ金沢4
2宮西優太郎東北4守屋舞香椙山女学園4
3小林隆嗣東北2山岸夏希筑波2
4宮本樹東京1松田沙也加岩手4
5築地孝和神戸3帯金未歩大阪3
6角田貴大横浜市立2香取菜穂千葉1
・決勝出場者(成績順・括弧内当時学年)
男子1名
田中基成(3)
女子2名
山岸夏希(1)、宮田優花(4)

第2回 2016年11月19日 栃木県下野市 「天平の丘公園」

http://orienteering.com/~icsl2016/

男子女子
1伊藤樹横浜国立2中村茉菜早稲田4
2小松栄輝東北4勝山佳恵茨城2
3種市雅也東京1出田涼子大阪1
4築地孝和神戸4香取菜穂千葉2
5大田将司一橋2山岸夏希茨城2
6稲森剛横浜国立2本間実季東北4
・決勝出場者(成績順・括弧内当時学年)
男子2名
田中基成(4) 小林大悟(3)
女子2名
山岸夏希(2) 鈴木直美(3)

第3回 2017年11月11日 岐阜県大垣市 「時」

http://orienteering.com/~icsl2017/index.html

男子女子
1種市雅也東京2佐野萌子京都女子3
2松尾怜治東京4増澤すず筑波2
3角田貴大横浜国立4勝山佳恵茨城3
4高野兼也新潟4宮本和奏筑波1
5大橋陽樹東京2伊部琴美名古屋1
6杉浦弘太郎名古屋4伊藤加織東北2
・決勝出場者(成績順・括弧内当時学年)
男子2名
楠健志(3) 谷野文史(1)
女子4名
増澤すず(2) 宮本和奏(1) 山岸夏希(3) 小竹佳穂(2)

第4回 2018年9月15日 長野県駒ヶ根市 「家族旅行村 アルプスの丘」

http://orienteering.com/~icsl2018/

男子女子
1桃井陽佑慶應義塾3伊部琴美名古屋2
2種市雅也東京3増澤すず筑波3
3伊藤樹横浜国立4青代香菜子東北3
4大橋陽樹東京3出田涼子大阪3
5上島浩平慶應義塾4高橋友理奈東北4
6伴広輝京都4伊東加織東北3
・決勝出場者(成績順・括弧内当時学年)
男子0名
女子3名
増澤すず(3) 宮本和奏(2) 小竹佳穂(3)
・一般クラス入賞者
山岸夏希(4)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-16 (土) 18:37:42 (246d)