鞍石


鞍石(くらいし) No.25 1993.10.17 〜 茨城県笠間市・友部町

kuraisi.jpg

1993年の第16回筑波大学大会のテレイン。比高のそれほど高くない東西に走る主尾根と、そこから南北にのびるいくつもの尾根と沢からなる地形である。植生は一部を除いてあまり良くないが、コースの組み方次第で、それなりにオリエンテーリングが楽しめるテレインであり、練習会や新歓などでの利用も多い。面白い人工特徴物の多いテレインでもある。ほんのわずかだが、マップ東端が「かたくりの里」の西端と重複している。
 平安時代の終わり頃に、朝廷の命を受けて奥州征伐に向かった 源八幡太郎義家 が遠征途中、この地の豪族と戦いになり勝利をおさめた。義家は休息をとるために馬から鞍をはずし、馬の背のような形の石に鞍を置いた。以来、地元の農民達は義家を敬い、この石を「鞍石」と呼んだという。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-05-29 (月) 19:58:11 (4742d)