第31回ユニバーシアード冬季大会スキーO日本代表選手 推薦選考について(2)

--------------------------------------------------
第31回ユニバーシアード冬季大会(スイス・ルツェルン)
スキーオリエンテーリング競技
日本代表選手の推薦選考について(2)
2019年7月31日
日本学連スキーオリエンテーリング委員会 委員長 木村佳司
--------------------------------------------------

■ 変更点
日本代表選手の推薦選考について(1)(2019年7月24日)からの変更点は以下の通り
(新)WUSOC2020の参加種目の結果をポイント化しポイントにて選考する。
(旧)WUSOC2020のミドル種目の結果にて選考する。
欠員補充方法を追記した。

【日本代表選手の推薦選考対象資格】
以下の(1)かつ(2)の条件を満たし、かつ
(3-1)、(3-2)、(3-3)のいずれかの条件を満たす者
(1) 日本国籍を有するもの
(2) 生年月日が1996年1月1日から2003年12月31日の間であること
(3-1) 日本学生オリエンテーリング連盟の加盟員
(3-2) 大学院生で公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者
(3-3) 2020年に大学または大学院を卒業する人で
公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者

【日本代表選手の推薦決定者】
選考委員会が決定する。
選考委員会は日本学生オリエンテーリング連盟
スキーオリエンテーリング委員会が指定する者で構成される。

【選手選考方法】
(1) 世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020(WUSOC2020)に
出場する者の中で、第31回ユニバーシアード冬季大会参加の資格と意志を持つ者の中から
男女各1名を選考する。
この選考方法はWUSOCでの各レース結果をポイント化して
ポイントが最もよかった者1名を選考する。
ポイント制の内容は2019年9月末までに決定する。
ポイント制の内容決定にあたって、強化選手を対象にヒアリングを行う。
ヒアリングは少なくとも2019年9月のWUSOC2020強化選手を対象とした合宿内で行う。

(2) 第31回ユニバーシアード冬季大会に参加できる選手数が男女各2名以上の場合
(1)で選考した者に加え、以下に示す順で選考する。
第31回ユニバーシアード冬季大会参加の資格と意志を持っている者で
スキーオリエンテーリング2020年学生ランキング上位の者から順に選考する。

スキーオリエンテーリング2020年学生ランキング
同じコースを滑る男女別全競技者の中でトップタイム比で少ない値2つの合計が、小さいものを上位とする。
対象ポイント数が2つに満たない者はランキング順位がつかない。
対象競技会案は別途指定する。2019年7月31日時点での案は以下の通り。
2019年12月14日 スプリント(北海道)
2019年12月15日 スプリント(北海道)
2020年01月25日 (岩手県)
2020年02月15日 スプリント(青森県)
2020年02月16日 ミドル(青森県)
2020年03月01日 小千谷大会(新潟県)
2020年03月未定 ロング(北海道)

(3) 欠員補充
なお、(1)で選考した選手に欠員が出てしまった場合
(2)で選考した上位の者から繰り上がる。

■ 第31回ユニバーシアード冬季大会情報
開催日:2021年1月21日-31日
開催地:スイス
webサイト:https://www.winteruniversiade2021.ch/
開催競技:
カーリング、アイスホッケー、
フィギアスケート、ショートトラック
アルペンスキー、フリースタイルスキー
スノボード、クロスカントリースキー
バイアスロン、スキーオリエンテーリング

実施されるスキーオリエンテーリング種目
スプリント、パシュート
ミドルディスタンス、スプリントリレー

以上

【補足】
日本代表選手の推薦選考について(1)(2019年7月24日)を発表したのち
WUOC2020強化選手複数名から連名で選考方法変更の提案があった。
その提案内容にスキーオリエンテーリング委員会も同意する内容で
あったことから、今回速やかに変更を行うことにした。
今後も、アスリートや関係者の意見を聴きながら
当事者が納得し、全力でユニバーシアードを目指せる環境を作るよう努力する。

お知らせ - 2019年08月03日

第2回マナー教育&渉外問題報告のお願い を掲載しました

1) 第2回マナー教育のお願い
前回のマナー教育報告を集計したところ、役に立ったという意見が多い中、「新入生がまだピンと来ていない」などの意見や参加率20%以下の大学がありました。
ここで、新入生がオリエンテーリングに少し慣れてきて、夏合宿など多くの人が参加するイベントがある夏にもう一度マナー教育を行ってもらいたいと思います。
皆様の意見を取り入れて、マナーBOOKの方も改訂しています。ぜひお使いください。
マナー教育を行った大学やクラブは、お手数ですがまた以下のグーグルフォームでの報告をお願いいたします。

マナー教育を行わなかった場合、該当するクラブに対してインカレ当日にペナルティーが科される場合がございます。あらかじめご了承ください。

https://forms.gle/6z68bDrzcz8Nb8BK6

2) 渉外問題の報告
 昨年、2015年~2018年10月までに起こってしまった渉外問題を報告していただきました。
今後も事例を集積していき、同じ事例が起こらないよう共有したいと考えています。
2018年10月以降で、新たに渉外問題が発生した大学、クラブは報告をお願いします。
報告フォーマットに記入した上で、以下のアドレスまで報告してください。
nichigaku.fukyu(アットマーク)gmail.com

1) 2)ともに締め切りは9月30日とします。
ご協力よろしくお願いいたします。

ファイル

マナーBOOK&渉外問題事例集ver2(PDF形式・552KB)
渉外問題報告フォーマット(doc形式・31KB)

お知らせ - 2019年07月27日

第31回ユニバーシアード冬季大会スキーO日本代表選手 推薦選考について(1)

--------------------------------------------------
第31回ユニバーシアード冬季大会(スイス・ルツェルン)
スキーオリエンテーリング競技
日本代表選手の推薦選考について(1)
2019年7月24日
日本学連スキーオリエンテーリング委員会 委員長 木村佳司

--------------------------------------------------

【日本代表選手の推薦選考対象資格】
以下の(1)かつ(2)の条件を満たし、かつ
(3-1)、(3-2)、(3-3)のいずれかの条件を満たす者
(1) 日本国籍を有するもの
(2) 生年月日が1996年1月1日から2003年12月31日の間であること
(3-1) 日本学生オリエンテーリング連盟の加盟員
(3-2) 大学院生で公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者
(3-3) 2020年に大学または大学院を卒業する人で
公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者

【日本代表選手の推薦決定者】
選考委員会が決定する。
選考委員会は日本学生オリエンテーリング連盟
スキーオリエンテーリング委員会が指定する者で構成される。

【選手選考方法】
(1) 世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020のミドル競技に出場する者の中で第31回ユニバーシアード冬季大会参加の資格と意志を持つ者の中から
最も成績が良かった男女各1名を選考する。

(2) 第31回ユニバーシアード冬季大会に参加できる選手数が男女各2名以上の場合
(1)で選考した者に加え、以下に示す順で選考する。
第31回ユニバーシアード冬季大会参加の資格と意志を持っている者で
スキーオリエンテーリング2020年学生ランキング上位の者から順に選考する。

スキーオリエンテーリング2020年学生ランキング
同じコースを滑る男女別全競技者の中でトップタイム比で少ない値2つの合計が、小さいものを上位とする。対象ポイント数が2つに満たない者はランキング順位がつかない。
対象競技会案は別途指定する。2019年7月22日時点での案は以下の通り。
2019年12月14日 スプリント(北海道)
2019年12月15日 スプリント(北海道)
2020年01月25日 (岩手県)
2020年02月15日 スプリント(青森県)
2020年02月16日 ミドル(青森県)
2020年03月01日 小千谷大会(新潟県)
2020年03月未定 ロング(北海道)

■ 第31回ユニバーシアード冬季大会情報
開催日:2021年1月21日-31日
開催地:スイス
webサイト:https://www.winteruniversiade2021.ch/
開催競技:
カーリング、アイスホッケー、
フィギアスケート、ショートトラック
アルペンスキー、フリースタイルスキー
スノボード、クロスカントリースキー
バイアスロン、スキーオリエンテーリング

実施されるスキーオリエンテーリング種目
スプリント、パシュート
ミドルディスタンス、スプリントリレー

以上

お知らせ - 2019年07月25日

【各加盟校渉外向け】加盟制度の変更について を掲載しました

各大学の皆様

昨年度3月の総会にてご案内しました「加盟制度の変更」について、具体的な内容と方針について共有いたします。

以下のファイルよりご覧ください。

各校渉外担当の皆様はクラブ内で共有し、議論していただきますようお願いします。

新制度に関するご質問等は、渉外担当の方が加入されている学連MLもしくは地区学連幹事長を通じて日本学連幹事会までお伝えください。質問の締め切りは8月31日(土)とします。

なお、この方針案は第71回総会にて承認をいただきたいと考えております。
第71回総会はICSL2019要項2に記載の通り、11月9日(土)17時より中津川駅前のにぎわいプラザにて開催する予定です。

以上、よろしくお願いいたします。

ファイル

加盟制度の変更について(pdf形式・564KB)

お知らせ - 2019年07月24日

WUSOC2020の日本代表選手選考について(5)

--------------------------------------------------
世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020
(WUSOC2020)の日本代表選手選考について(5)
2019年7月22日
日本学連スキーオリエンテーリング委員会 委員長 木村佳司
--------------------------------------------------

■ WUSOC2020の日本代表選手選考について(4)からの変更点
(旧)選考会回数1回(2019年12月)
(新)選考会回数2回(2019年12月、2020年1月)
上記に伴って、強化指定選手の自己推薦期間を変更

出場資格の記載を年齢ではなく、生年月日記載とした。
(新) 生年月日が1995年1月1日から2002年12月31日であること。
(FISUのレギュレーションの記載方法と同じにした)

【世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020情報】
日程:2020年3月23日-27日
場所:フィンランド・ロバニエミ
種目:
スプリント 各国 男子4名+女子4名
パシュート 各国 男子4名+女子4名
ミドル 各国 男子4名+女子4名
ミックスリレー 各国男女1名 x 2チーム
最大登録選手数 男子6名+女子6名

【日本代表選手としての出場資格】
以下の(1)かつ(2)の条件を満たし、かつ
(3-1)、(3-2)、(3-3)のいずれかの条件を満たす者
(1) 日本国籍を有すること
(2) 生年月日が1995年1月1日から2002年12月31日であること(2019年7月22日修正)
(3-1) 日本学生オリエンテーリング連盟の加盟員
(3-2) 大学院生で公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者
(3-3) 前年に大学または大学院を卒業した人で
公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者

【日本代表選手決定者】
選考委員会が決定する。
選考委員会は日本学生オリエンテーリング連盟
スキーオリエンテーリング委員会が指定する者で構成される。

【選手選考方法】
・選考はWUSOC向け強化指定選手の中より選出する。
・2019年12月に行われる選考会で男女上位若干名を選出する。
・2020年1月に行われる選考会で男女上位若干名を選手する。(2019年7月22日追加)
・その他の選手は選考会、その他の実力を加味して選考委員会が選出する。

【強化指定選手の指名】
以下の者を強化指定選手として指名する。
男子
塩平真士  (北海道大学)
福岡悠生  (北海道大学)
椛沢朋之  (北海道大学)
木下涼雅  (北海道大学)
中島颯大  (北海道大学)
木谷雄二郎 (弘前大学)
石原湧樹  (東京大学)
小河原裕太 (一橋大学)
道坂怜生  (大阪大学)
青木雅実 (大阪大学)

女子
湯上麻貴  (北海道大学)
佐野響   (筑波大学)
本間樹良来 (京都大学)

強化指定選手の指名にあたって、以下の大会結果を参考とした。
2018年12月15-16日
北海道スキーオリエンテーリング大会
2019年1月20日
スキーO初心者講習会内ミニレース(栃木県日光市)
2019年1月27日
スキーO初心者講習会内ミニレース(岩手県安比高原)
2019年2月16-17日
全日本スキーオリエンテーリング大会スプリント&ミドル(青森)
2019年3月3日
小千谷スキーオリエンテーリング大会(新潟県小千谷市)
2019年3月2-12日
冬季ユニバーシアード大会(ロシア)
2019年3月18-24日
世界スキーオリエンテーリング選手権大会(スウェーデン)
2019年3月30-31日
全日本スキーオリエンテーリング大会ロング&リレー(北海道)
2019年4月6-7日
スキーオリエンテーリング夕張大会(北海道)

【強化指定選手への自己推薦】
上記競技会に参加することができなかった者で強化選手になることを希望する者は、
その旨を日本学連スキーオリエンテーリング委員会に自己推薦することができる。

【強化指定選手の追加、解除について】
指定者 :日本学連スキーオリエンテーリング委員会
期間 :2020年1月に開催される選考会まで(2019年7月22日変更)
基準 :以下の内容を加味する。
・選手本人の推薦・希望
・オフシーズンのトレーニング状況
・クロスカントリースキー競技の成績
・スキーオリエンテーリング、フットオリエンテーリング、
MTBオリエンテーリング競技の成績

【強化指定選手への自己推薦方法】
強化選手になることを希望する者は、その旨を
日本学連スキーオリエンテーリング委員会に自己推薦することができる。
連絡先:木村佳司 kimurakeishi11(アットマーク)gmail.com
自己推薦提出期限:2020年1月23日(2019年7月22日変更)

【強化指定選手の義務】
・トレーニング計画の作成
・トレーニング状況の報告
・日本学連およびJOA主催のスキーオリエンテーリング強化イベント
(合宿等)への積極的参加
・日本学連およびJOAの広報活動への協力

以上

お知らせ - 2019年07月23日

2019年度インカレミドル・リレー開催に伴うテレインクローズについて(2019/8/3修正)

2019年度インカレミドル・リレー開催に伴うテレインクローズを公表しました。

お知らせ - 2019年07月21日

第4回 日本学連幹事会を行いました

2019年3月14日に、第4回日本学連幹事会を行いました。

お知らせ - 2019年07月19日

WUSOC2020の日本代表選手選考について (4)

--------------------------------------------------
世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020
(WUSOC2020)の日本代表選手選考について(4)
2019年6月29日
日本学連スキーオリエンテーリング委員会 委員長 木村佳司
--------------------------------------------------

■ WUSOC2020の日本代表選手選考について(4)からの変更点
強化指定選手の追加
青木雅実(大阪大学)

【世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020情報】
日程:2020年3月23日-27日
場所:フィンランド・ロバニエミ
種目:
スプリント 各国 男子4名+女子4名
パシュート 各国 男子4名+女子4名
ミドル 各国 男子4名+女子4名
ミックスリレー 各国男女1名 x 2チーム
最大登録選手数 男子6名+女子6名

【日本代表選手としての出場資格】
以下の(1)かつ(2)の条件を満たし、かつ
(3-1)、(3-2)、(3-3)のいずれかの条件を満たす者
(1) 日本国籍を有するもの
(2) 2020年1月1日現在で17歳以上25歳未満。
(3-1) 日本学生オリエンテーリング連盟の加盟員
(3-2) 大学院生で公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者
(3-3) 前年に大学または大学院を卒業した人で
公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者

【日本代表選手決定者】
選考委員会が決定する。
選考委員会は日本学生オリエンテーリング連盟
スキーオリエンテーリング委員会が指定する者で構成される。

【選手選考方法】
・選考はWUSOC向け強化指定選手の中より選出する。
・2019年12月に行われる選考会で男女上位若干名を選出する。
・その他の選手は選考会、その他の実力を加味して選考委員会が選出する。

【強化指定選手の指名】
以下の者を強化指定選手として指名する。
男子
塩平真士  (北海道大学)
福岡悠生  (北海道大学)
椛沢朋之  (北海道大学)
木下涼雅  (北海道大学)
中島颯大  (北海道大学)
木谷雄二郎 (弘前大学)
石原湧樹  (東京大学)
小河原裕太 (一橋大学)
道坂怜生  (大阪大学)
青木雅実 (大阪大学)(2019年6月29日追加)

女子
湯上麻貴  (北海道大学)
佐野響   (筑波大学)
本間樹良来 (京都大学)

強化指定選手の指名にあたって、以下の大会結果を参考とした。
2018年12月15-16日
北海道スキーオリエンテーリング大会
2019年1月20日
スキーO初心者講習会内ミニレース(栃木県日光市)
2019年1月27日
スキーO初心者講習会内ミニレース(岩手県安比高原)
2019年2月16-17日
全日本スキーオリエンテーリング大会スプリント&ミドル(青森)
2019年3月3日
小千谷スキーオリエンテーリング大会(新潟県小千谷市)
2019年3月2-12日
冬季ユニバーシアード大会(ロシア)
2019年3月18-24日
世界スキーオリエンテーリング選手権大会(スウェーデン)
2019年3月30-31日
全日本スキーオリエンテーリング大会ロング&リレー(北海道)
2019年4月6-7日
スキーオリエンテーリング夕張大会(北海道)

【強化指定選手への自己推薦】
上記競技会に参加することができなかった者で強化選手になることを希望する者は、
その旨を日本学連スキーオリエンテーリング委員会に自己推薦することができる。

【強化指定選手の追加、解除について】
指定者 :日本学連スキーオリエンテーリング委員会
期間 :2019年12月に開催される選考会まで
基準 :以下の内容を加味する。
・選手本人の推薦・希望
・オフシーズンのトレーニング状況
・クロスカントリースキー競技の成績
・スキーオリエンテーリング、フットオリエンテーリング、
MTBオリエンテーリング競技の成績

【強化指定選手への自己推薦方法】
強化選手になることを希望する者は、その旨を
日本学連スキーオリエンテーリング委員会に自己推薦することができる。
連絡先:木村佳司 kimurakeishi11(アットマーク)gmail.com
自己推薦提出期限:2019年11月30日

【強化指定選手の義務】
・トレーニング計画の作成
・トレーニング状況の報告
・日本学連およびJOA主催のスキーオリエンテーリング強化イベント
(合宿等)への積極的参加
・日本学連およびJOAの広報活動への協力

以上

お知らせ - 2019年06月30日

WUSOC2020の日本代表選手選考について(3)

--------------------------------------------------
世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020
(WUSOC2020)の日本代表選手選考について(3)
2019年5月24日
日本学連スキーオリエンテーリング委員会 委員長 木村佳司
--------------------------------------------------

■ WUSOC2020の日本代表選手選考について(2)からの変更点
参考とする大会がすべて終了し、その結果をもって強化指定選手を指名する。

【世界学生スキーオリエンテーリング選手権大会2020情報】
日程:2020年3月23日-27日
場所:フィンランド・ロバニエミ
種目:
スプリント 各国 男子4名+女子4名
パシュート 各国 男子4名+女子4名
ミドル 各国 男子4名+女子4名
ミックスリレー 各国男女1名 x 2チーム
最大登録選手数 男子6名+女子6名

【日本代表選手としての出場資格】
以下の(1)かつ(2)の条件を満たし、かつ
(3-1)、(3-2)、(3-3)のいずれかの条件を満たす者
(1) 日本国籍を有するもの
(2) 2020年1月1日現在で17歳以上25歳未満。
(3-1) 日本学生オリエンテーリング連盟の加盟員
(3-2) 大学院生で日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者
(3-3) 前年に大学または大学院を卒業した人で
公益社団法人日本オリエンテーリング協会に競技者登録している者

【日本代表選手決定者】
選考委員会が決定する。
選考委員会は日本学生オリエンテーリング連盟
スキーオリエンテーリング委員会が指定する者で構成される。

【選手選考方法】
・選考はWUSOC向け強化指定選手の中より選出する。
・2019年12月に行われる選考会で男女上位若干名を選出する。
・その他の選手は選考会、その他の実力を加味して選考委員会が選出する。

【強化指定選手の指名】(2019年5月24日追記)
以下の者を強化指定選手として指名する。
男子
塩平真士  (北海道大学)
福岡悠生  (北海道大学)
椛沢朋之  (北海道大学)
木谷雄二郎 (弘前大学)
木下涼雅  (金沢工業大学)
中島颯大  (筑波大学)
石原湧樹  (東京大学)
小河原裕太 (一橋大学)
道坂怜生  (大阪大学)
女子
湯上麻貴  (北海道大学)
佐野響   (筑波大学)
本間樹良来 (京都大学)
(大学名は2018年度の所属大学を示しているかたもいます)

強化指定選手の指名にあたって、以下の大会結果を参考とした。
2018年12月15-16日
北海道スキーオリエンテーリング大会
2019年1月20日
スキーO初心者講習会内ミニレース(栃木県日光市)
2019年1月27日
スキーO初心者講習会内ミニレース(岩手県安比高原)
2019年2月16-17日
全日本スキーオリエンテーリング大会スプリント&ミドル(青森)
2019年3月3日
小千谷スキーオリエンテーリング大会(新潟県小千谷市)
2019年3月2-12日
冬季ユニバーシアード大会(ロシア)
2019年3月18-24日
世界スキーオリエンテーリング選手権大会(スウェーデン)
2019年3月30-31日
全日本スキーオリエンテーリング大会ロング&リレー(北海道)
2019年4月6-7日
スキーオリエンテーリング夕張大会(北海道)

【強化指定選手への自己推薦】
上記競技会に参加することができなかった者で強化選手になることを希望する者は、
その旨を日本学連スキーオリエンテーリング委員会に自己推薦することができる。

【強化指定選手の追加、解除について】(2019年5月24日追記)
指定者 :日本学連スキーオリエンテーリング委員会
期間 :2019年12月に開催される選考会まで
基準 :以下の内容を加味する。
・選手本人の推薦・希望
・オフシーズンのトレーニング状況
・クロスカントリースキー競技の成績
・スキーオリエンテーリング、フットオリエンテーリング、
MTBオリエンテーリング競技の成績

【強化指定選手への自己推薦方法】(2019年5月24日追記)
強化選手になることを希望する者は、その旨を
日本学連スキーオリエンテーリング委員会に自己推薦することができる。
連絡先:木村佳司 kimurakeishi11(アットマーク)gmail.com
自己推薦提出期限:2019年11月30日

【強化指定選手の義務】(2019年5月24日追記)
・トレーニング計画の作成
・トレーニング状況の報告
・日本学連およびJOA主催のスキーオリエンテーリング強化イベント
(合宿等)への積極的参加
・日本学連およびJOAの広報活動への協力

以上

お知らせ - 2019年05月27日

マナー教育のお願い & マナーBOOK&渉外問題事例集 を掲載しました

先日渉外MLを通じお知らせしましたが、改めてマナー教育のお願いを申し上げます。

近年オリエンティアのマナーが原因で渉外問題が全国で相次いで発生しており、インカレの開催地の制限など影響が出ています。
そこで、第70回日本学連総会で報告した通り、各加盟校にオリエンティア一人一人が守るべきマナーの再確認を行っていただきたいです。
マナー教育活動の際には、以下の資料を利用してください。
マナー教育の対象は新入部員のみでなく、昨年度以前より入部している方も資料に目を通すようにしてください。

マナー教育を行った大学やクラブは、お手数ですが以下のアドレスまでご連絡ください。よろしくお願いします。5/8現在すでに報告いただいた方は大丈夫です。
nichigaku.fukyu(atmark)gmail.com
報告の締め切りは7月31日までとします。

またマナー教育を行わなかった場合、該当する加盟校に対し、インカレ当日に何らかのペナルティーが課される場合がございます。あらかじめご了承ください。

ファイル

マナーBOOK&渉外問題事例集(pdf形式・467KB)

お知らせ - 2019年05月08日