議事録/2007年度定例総会

資料

PDF版をダウンロード↓

2007 年度 筑波大学オリエンテーリング愛好会に参加した人たちの会 総会
日 :2007 年10 月21 日(日)
場所:東京都葛飾区 東水元小学校
委任状:小比賀健司、松下愛則、長野孝司、八尋弓枝、井上和茂、山口尚宏、柴山卓史、高橋善徳

1.2006 年度会計決算(裏面参照)

今年度は例年の事業を維持し、OB・OG 会の活動を広報することで将来的な増収につなげる方針で行
った。
具体的には賛同金収入の増加を図るためにこむこむ2006 年秋号を全会員へ郵送した。印刷や封筒な
ど郵送費以外の経費がかからないよう工夫した。具体的には世話人代表の小泉の勤務先で廃棄処分にな
る封筒や印刷ラベルを譲ってもらうなどの経費節約を行った。
しかし期待したほどの賛同金収入が得られず結果的に赤字となってしまった。来年度の会計予算は緊
縮の方向で見直しを検討していかなくてはならないと考えている。

2.2007 年度会計予算(裏面参照)

こむこむの全会員への配布は取りやめ、賛同金応募者への会員名簿の発送のみに留める。インカレ
告と筑波大大会への差し入れは例年通りの規模で行うが、インカレへの差し入れは取りやめる。ただし
インカレ差し入れ自体は、表彰式での花束贈呈同様観戦に来ているOB・OG からのカンパによって継
続を検討したい。
OB 会の存在を広めるためにも筑波大大会での30 周年記念展示の予算は確保した。ただ当初の計画よ
り内容を絞り、予算規模を縮小した。
賛同金収入増加を目指し、各代への連絡を密に行う。ただし連絡手段は経費のかからない電子メール
を用いることになり、それだけでは大きな効果が望めない。各会員どうしでコミュニケーションを取り
合うようご協力をお願いしたい。

3.愛好会創設30 周年記念イベント

2005 年度で愛好会はめでたく30 周年を迎えました。また2007 年の筑波大大会は30 回に達しまし
た。これを記念して行った愛好会創設30 周年記念行事のご報告をいたします。
・ 関東リレー OB2チーム(準優勝)、OG1チーム(優勝)をエントリー
・ 30周年記念ウェアの作成
・ 30周年および大会30回記念展示

4.役員選挙

2007 年度をもって下記役員の任期が切れます。
会場にて立候補者を募り、選挙をもって役員を選出します。
役員名 現職 現在までの立候補者
世話人代表 小泉 成行(98) 小泉 成行(98、現職1期目)
会計 杉崎真由子(01) 杉崎真由子(01、現職1期目)
事務局 立川 洋 (98) 立川 洋 (98、現職1期目)
高野真記子(00) 未定
以上

議事録

PDF版をダウンロード↓

2007 年度 筑波大学オリエンテーリング愛好会に参加した人たちの会 総会
日 :2007 年10 月21 日(日)14:50〜15:25
場所:東京都葛飾区 東水元小学校 マルチパーパスルーム
出席者:佐々木良宜、引山高志、佐藤 郷、藤城公久、多田宗弘、宮川祐子、山崎芳仁、宮本知江子、竹下俊介、大平洋
平、坂本貴史、立川 洋、武藤拓王、多田野清人、宮本幸治、渡辺円香、小泉成行(順不同)
委任状:小比賀健司、加賀屋博文、松下愛則、長野孝司、八尋弓枝、井上和茂、小暮喜代志、山口尚宏、柴山卓史、高橋
善徳、船田 賢、杉崎真由子、多田野清人
議長:小泉成行(世話人代表)

1.2006 年度会計決算(3ページ参照)

今年度は例年の事業を維持し、OB・OG 会の活動を広報することで将来的な増収につなげる方針で行
った。
具体的には賛同金収入の増加を図るためにこむこむ2006 年秋号を全会員へ郵送した。印刷や封筒な
ど郵送費以外の経費がかからないよう工夫した。具体的には世話人代表の小泉の勤務先で廃棄処分にな
る封筒や印刷ラベルを譲ってもらうなどの経費節約を行った。
しかし期待したほどの賛同金収入が得られず結果的に赤字となってしまった。来年度の会計予算は緊
縮の方向で見直しを検討していかなくてはならないと考えている。
質疑:とくになし
決議:全会一致で承認

2.2007 年度会計予算(3ページ参照)

こむこむの全会員への配布は取りやめ、賛同金応募者への会員名簿の発送のみに留める。インカレ
告と筑波大大会への差し入れは例年通りの規模で行うが、インカレへの差し入れは取りやめる。ただし
インカレ差し入れ自体は、表彰式での花束贈呈同様観戦に来ているOB・OG からのカンパによって継
続を検討したい。
OB 会の存在を広めるためにも筑波大大会での30 周年記念展示の予算は確保した。ただ当初の計画よ
り内容を絞り、予算規模を縮小した。
賛同金収入増加を目指し、各代への連絡を密に行う。ただし連絡手段は経費のかからない電子メール
を用いることになり、それだけでは大きな効果が望めない。各会員どうしでコミュニケーションを取り
合うようご協力をお願いしたい。
質疑:多田「学生へのサポートが少ないようだが、あえて学生へのサポート事業の予算を確保して、
それをもって賛同金を集める名目にしてはどうだろうか?」
宮本知「その経緯を知っている人ならよいが、なにも知らない人が予算の数字だけをみたら、
OB 会役員が無謀なことをしていると思うだろう。それをこの場にいない人に説明する
のは難しい」
藤城「名簿の発送をすれば、そのお礼とばかりに振り込んでくれる人が多い。名簿もメールで
配信などはできないのか?」
小泉「今は賛同金がある人にしか送っていない。メールでの送信は名簿流出の危険があり、実施
は難しいと考えている」
竹下「賛同金の期限が切れていることを忘れてしまう。そのことを知ったら支払おうと思う」
藤城「賛同金の期限を記した名簿だけでも配信できないだろうか。パスワードなども必要かもしれ
ない」
小泉「名前と支払い状況のみ記載した名簿配信は行いたい」
宮本知「各代の世話人へ丁重に現状を説明し、賛同金をいただけるように説明してもよいのでは」
??「たとえば結婚式や同期会で会費の一部を賛同金に拠出するということをお願いするとか」
小泉「面白いアイデアだと思う」
大平「昨年、今年と大体支出は10 万円前後で推移している。現在見込める賛同金の支払い者数で
運営をまかなえるには会費をいくらにすればよいのか?」
小泉「おおよそ2500 円程度になる」
大平「賛同金支払者の数が劇的に増えることは難しい。現状で赤字をなくすためには賛同金の
値上げも視野に入れたほうがよいのでは」
小泉「任期2年のうち、昨年度は支出を増やし積極的にOB 会の活動をPR してきた。残りの1年
は少し緊縮財政で支出を締めて2年でトントンになるようにしたい。その次の2年では、い
ただいたアイデアを元にいろいろ新しい動きを示したい」
決議:全会一致で承認

3.愛好会創設30 周年記念イベント

2005 年度で愛好会はめでたく30 周年を迎えた。また2007 年の筑波大大会は30 回に達った。これ
を記念して行った愛好会創設30 周年記念行事の報告した。
・ 関東リレー OB2チーム(準優勝)、OG1チーム(優勝)をエントリー
・ 30周年記念ウェアの作成
・ 30周年および大会30回記念展示

4.役員選挙

2007 年度をもって下記役員の任期が切れるため会場にて立候補者を募り、選挙をもって役員を選出
した。
役員名 現職 現在までの立候補者 選挙結果
世話人代表 小泉 成行(98) 小泉 成行(98、現職1期) 全会一致で信任
会計 杉崎真由子(01) 杉崎真由子(01、現職1期) 全会一致で信任
事務局 立川 洋 (98) 立川 洋 (98、現職1期) 全会一致で信任
高野麻記子(00) 坂本貴史 (01、新人) 全会一致で信任
以上


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-23 (火) 21:56:48 (4322d)