長野県代表選手選考会2004
長野県オリエンテーリング協会

2004年11月13日

平成17年19日に埼玉県嵐山町で開催される
全日本リレー大会の長野県代表を決定する選考会を行いました、

2004年度全日本リレー大会長野県代表選手選考会結果
2003年11月13日(土) 長野県駒ヶ根市「駒ヶ根高原家族旅行村」

Aコース
1 元木 悟 27:48
2 黒田幹朗 37:14
3 木村佳司 37:38
4 加々美健朗 42:23
5 高橋美和 44:27
6 石川 昌 53:37
7 美谷島孝 62:33
8 鳥川秀司 65:24

Bコース
  木村友佳 35:37


長野県代表選手選考会コース 3500m up150m
 
今回の選考会に参加した皆さん 拡大写真 秋の駒ヶ根高原は
とってもきれい

スタート前
コースプランナーの
金田氏より
説明が行われています

テーピングをしてレースに備える加々美 例年よりパワーアップした石川と美谷島

合宿メニュー
サーキットレース
1本目
1800m


合宿メニュー
サーキットレース
2本目


合宿メニュー
サーキットレース
3本目


土曜日の午後から10名ほどが集まり金田くんの組んだコースでセレクションが始まりました。
今回の駒ヶ根高原の地図作成にあたっては、GPSを担いだり、フラッグ設置で何度もテレインに入っていますが、セレクションレースでは一度現在地をロスト。それでもリロケートしてまずまずのレースができました。大ハマリした加々美くんに対して金星をあげてしまいました。

夕方は総会。(ここは後日報告)

そのあとは宿泊者7名。ケビン1棟に用意されているフトンは5人分。そこに毛布や寝袋を持ち込んでギュウギュウ詰めというまるで学生のノリの宿泊風景でありました。
ケビンの受付では、顔見知りの支配人に声をかけたおかげでケビンの借り上げ費用はナント半額! 学生もビックリのひとり\1,500で宿泊です。このノリで一ヶ月すごしても\45,000・・・ログケビンには鍋も皿も全部備え付けがあります。

加々美買出し隊長がナベの材料を求めて駒ヶ根に繰り出したけど、美和も派遣したため、ビールをがっつり買ってきました。うーん食費のほうが高かった。
その後はワイワイと鍋パーティ。何を話したのかぜんぜん覚えていないうちに撃沈。

朝、起きると7:30だと言うに、みんな爆睡。朝食を何とか自炊して、9:00ごろやっと合宿モード。そのころに元木、矢島、丸山と生きのいいメンバーが揃って合宿開始です。

日曜日の合宿はハンディキャップのサーキットレース。人のレース運びを見れるってのは面白いね。
最初はペースが上がらなかったけど、最後の1本は結構追い込めて、黒田の追撃をかわしてAチーム順位でフィニッシュできました。この日も最高の天気でした。
いやー駒ヶ根はマップコンタクトが難しいね。全力で走るとロスしそう。

今回、ケビンを中心にコースを組んだので、クラブカップでは使わなかった、いいかげんな調査地帯が暴露されてしまった。